【訃報】異国迷路のクロワーゼ、GOSICKシリーズのイラストなどで有名な漫画家の武田日向さんが逝去

ヴィクトリカ

GOSICK-ゴシック-の公式ブログで発表がされていました。

以下、公式ブログより。

桜庭です。

今日は、読者のみなさんにとても悲しいお知らせがあります。

『GOSICK』シリーズのもう一人の作者である漫画家の武田日向さんが、ご病気のため、今年1月にご逝去されました。
本日発売の「ドラゴンエイジ」6月号に訃報が掲載されています。

武田日向さんとは、小説家と絵師として、「ドラゴンマガジン」2004年1月号に載った最初の短編から、富士見ミステリー文庫版、「ファンタジアバトルロイヤル」連載、そして角川ビーンズ文庫版まで、一緒にゴシックワールドを創ってきました。

1巻の装画を受け取ったときの驚きを、いまも覚えています。
キャラクターの魅力と個性、図書館塔の空間把握。なんと密で大胆な絵か……!
2巻以降は、この作品にはこの絵があるという前提で、原稿を書くようになりました。
負けないようにとがんばって書くのですが、イラストはそれを軽々超えて、届き、届き、届き続けました。

武田さんとは幾度かお会いしたことがあります。
ご本人は、『異国迷路のクロワーゼ』のヒロイン、湯音(ゆね)ちゃんとよく似ていらっしゃいました。
小柄で、黒髪のボブで、一見線が細いが、真にしっかりしたものが隠されている……そんなふうに見えました。

そして…
最後にゴシックの絵を描いていただけたのは、2011年のことでした。
アニメ化されたとき(同じころ『異国迷路のクロワーゼ』もアニメ化されていました)、DVDの全巻収納ボックスのためにと、描き下ろしてくださいました。

ご体調が万全ではない中、渾身の力で完成させてくださったのだと、聞きました。

いま、胸の中を探すと、感謝と尊敬の気持ちしかみつからない。

それから、自分の文章を超えて広がってくる、あの凄い画力に対して……いまでも、強い喜びによる興奮と、畏れる気持ちが、同時に感じられます。

武田日向さんが産み出してくださった、ヴィクトリカの、一弥の、アブリルの、セシル先生の、グレヴィールの、瑠璃の姿が、読者のみなさんの中で、ずっと生き生きと動いて、泣いたり、笑ったり、仲良くなったりして、成長し続けてくれますように。
そして、やえかと芹奈(せりな)が、湯音が、クロードが、みなさんにずっとずっとずーっと愛されていますように!

最後に。
武田日向さん。

ありがとう。 ありがとう。 ありがとう…

桜庭一樹

 

異国迷路のクロワーゼ、GOSICKのイラストのどちらも
武田日向先生の緻密で繊細なイラストが特徴的で印象に残っている人も多いのかと思いますし、私もその一人です。

武田さんが描く世界の雰囲気はやわらかな温かみがあり読者に癒やしを与えてくれる作品でした。

GOSIXKシリーズは富士見ミステリー文庫版、角川ビーンズ文庫版で武田さんのイラストを見ることができましたが
角川文庫版や、GOSICKの新シリーズでは武田さんのイラストが見ることができなくなっていたのが残念でした。

異国迷路のクロワーゼにしてもGOSICKにしてもアニメ化されて認知度も上がった矢先、まだまだお若くてこれからますます人気が上がる注目の作家さんでした。
一人の読者として、一人のファンとして、非常に残念でなりません。
武田日向先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

みんなのの反応

企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバーヘテムル

 


2017/05/17追記

 

GOSICK公式ブログが更新されましたのでお知らせ。

 

武田日向さんの妹でイラストレーターの千野えながさんもブログでお気持ちを綴られています。