18if 第6話「人を呪わば穴二つ…」感想まとめ 後味悪いときはとことん悪い

18if_6

いじめを受けていた上川菜月は自殺しようとするが、気がつくと好きなアニメ「陰陽現世妖祓ヰ」の世界の中にいた。憧れの必殺技を連発し興奮していたが、やがて同じ行為の繰り返しに飽き始める。その時、彼女が思いついたのは現実で自分をいじめていた者たちへの復讐だった。
監督:高橋幸雄脚本:高橋幸雄コンテ:高橋幸雄演出:高橋幸雄作画監督:鵜池一馬

18if#6 これ「イジメ」じゃなくて犯罪だし、問題はこれじゃ解決しない。
対象が死んでいない場合は徹底的に口止めとすり替えが行われ、対象が転校する事で解決する場合が殆ど
あれ、18if見てると思ったけどいつから陰陽師系見てたんだろ
途中で見れなかった18ifを見直してるけど、なんだこれ♪L( ^ω^ )┘なんだこれ └( ^ω^ )」
もうイジメでなく、窃盗、傷害事件の部類に入るのではと思う。自殺未遂にまで追い込んで、悪夢で追い込まれ、ざまあみろと感じたよ。こういう奴がいるから嫌なんだよな。何でイジメという言葉があるのだろう。こんな言葉を使っているから、不幸の連鎖が消えないんだよ。 #18if

大容量256GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』

18ifは後味悪いときはとことん悪いw
18if
今回の魔女はすぐ改心するしチョロいな。てか展開ぶっ飛びすぎwww何で悪霊滅ぼす陰陽師から魔女で人を呪ってからの異性人攻めてきてロボで戦うんや(困惑 もうこれわかんねぇな、、いやマジで。ゲーム売る気あんのかw
18if 6話見終わった。別アニメ始まったとか思ってたら何だこれ。頭がおかしくなりそうだ。しかし何時も思うが自殺するほどの覚悟があるなら相手殺してから死ねばいいのに。まあそれを出来ないほど精神的に追い込まれてるんだろうけど。そのまま死んだら相手の思うつぼじゃないか。むかつくだろ。
18ifはスタッフがやりたいことやるだけのアニメか…。
18if(エイティーンイフ)第6話の『人を呪わば穴2つ』が神回過ぎた。
18if 6話
素直に楽しめたが、各要素のオマージュに丁寧な部分と雑な部分が入り乱れ、正直掴みどころが見受けられなかったという印象。ただ全体的に地獄少女の様な今回のノリに対し、地獄流しではなく現世でオチの因果応報で付けてきたところは、それなりのスッキリ感はあったと思う。#18if

ヘテムル

#18if
ラストのちょっとしたもやもや感凄く好き…最悪のバッドエンドこ方だったのかな?
18if 六話、カオスから抜け出したと思ったら後半で遊び始めた
次回、そして誰もいなくなった…?
#18if

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

#18if
今回も世界がどんどん変わっていくのが夢世界って感じがして好きだった。後神崎カツミさんが回を重ねる度イケメンになってくシステム何なのしんどい…。
後ラスト、あれは結局どんな結末だったのか想像すると最悪のバッドエンドじゃないのか…?いやー最高だった。
18if見た。いじめられっ子が眠り病になって悪夢を見せるようになる、という話が気づいたらロボットに乗ってたでござるの巻。胸糞悪いいじめを受けていたのに、よく分からん人から自分を肯定されて許すという話は余りにも表層的だし、あっさりした解決で物足りない。
なんか18ifがだんだん微妙になりつつあるのがアレ。毎回監督が違うとはいえ2話だけ突出し過ぎた感ある。